限度額を増やすには

マネー

総量規制が関係している

小口融資がメインだった消費者金融のカードローンも以前は300万円を最大借入限度額としている業者がほとんどでしたが、現在では800万円まで最大融資をするところもあります。借入限度額は、契約時に100万円で契約をしたなら100万円全額借入をしなくてもよく、その範囲内で自由に借り入れをすることができます。ただし最大借入れ限度額が800万円であれば、誰でも800万円借りることができるということではなく総量規制に影響されます。総量規制とは、過剰な貸し付けをしないように多重債務者を防ぐために2010年に貸金業法が改正された際に導入さらた法律であり、年収の3分の1以上の融資はしてはいけないとされています。そのため、800万円まで最大融資をしますといっても借入れ申込者自身がカードローンの最大借入限度額800万円を借りるためには年収2400万円以上必要になるのです。つまり、年収300万円の人なら100万円まで、年収600万円の人であれば200万円までがカードローンの最大借入限度額となるのです。注意しなければならないのは、複数借り入れがある場合です。年収300万円の人がA社で30万円利用していたら、B社では70万円までしか利用をすることができないのです。他社の借入金額がなぜ分かるのか、それは審査で信用情報機関を利用するためチェックすることができるのです。年収の3分の1以上借りる場合消費者金融はできませんが、銀行カードローンであれば総量規制の適用がありませんので借り入れできる可能性があります。

Copyright© 2018 審査の緩いカードローンで切り抜ける【審査が通りやすい】 All Rights Reserved.