電卓

今が最大のチャンス

2016年頃から安定した推移を見せているのが、フラット35の金利です。これ以上下がることがないほど低金利の今こそ、マイホームを購入する機会です。フラット35は全期間固定金利であるため、無理なく計画的にマイホームを購入できます。

柔軟対応で融資

財布

中小消費者金融で申込み

大手の消費者金融に落ちてしまった方、中小消費者金融で申込みをすれば審査が緩いので融資を受けられる可能性があります。ただ、中小消費者金融では審査が緩いという表現で宣伝をしていないです。緩いという表現を使うと誇大広告となってしまうからです。もし、誰でも借りることができる、甘い、緩いといったカードローン会社があるとすれば闇金である可能性が高いです。ただし、大手消費者金融のカードローンと比較すると中小消費者金融は審査が通りやすいのは事実です。そもそも大手と中小では審査方法が違うのです。大手消費者金融では、スコアリングシステムを採用しています。膨大な顧客データの統計に基づいて、どんな人なら貸しても大丈夫、どんな人ならリスクが高いかをコンピューターで自動与信をします。そのため、申込者本人に特に何の問題が無くても統計データ上悪い属性であると判定されれば融資を受けることができないのです。一方、中小消費者金融は人が判断します。WEBで仮の審査結果がでたら、来店をして本審査を行います。その際に、仕事や自宅のこと、これまでの借金のことなどをいろいろとヒアリングします。そのうえでカードローンの限度額を決めていくのです。人間が判断をするため、ブラックであっても多少無理してでもこの金額であれば返済ができるだろうというところまでカードローンの融資をしてくれます。利便性やサービス内容は大手の方が優れていますが、大手で難しかった場合に検討すべきなのが中小消費者金融です。

住宅模型とお金

低金利で借入が可能

不動産担保ローンは、無担保のローンを比べると低金利で限度額が大きいことが特徴です。そのため、複数の借入がある方は不動産担保ローンで低金利で借入をすることで、おまとめや借り換えとして利用をすることもできます。

マネー

限度額を増やすには

消費者金融のカードローンの借入限度額は、総量規制により年収の3分の1以下に制限をされています。借入れしている貸金業者すべて含めて3分の1以内です。3分の1以上の金額を利用したい場合は銀行カードローンであれば規制がないので借り入れできる可能性があります。

クレジットカード

大手消費者金融で申込み

カードローンでおすすめなのが、返済や借入の方法が豊富なところで申込みをすることです。銀行振り込みしか取り扱っていないtの、時間外入金は即時反映されないことがあります。ATMや提携ATMなどが使えるカードローンがおすすめです。

女性

カード会社を慎重に選ぶ

カードローンを組むなら、審査が緩いカード会社と契約を結んだほうが楽です。ただ、その場合は金利手数料が高めになることもあるため、支払い方法の工夫をしましょう。非常に利便性の高い支払い方法なので、カードは常に1枚、保持しておくのが利口です。

Copyright© 2018 審査の緩いカードローンで切り抜ける【審査が通りやすい】 All Rights Reserved.